令和2年度 第1回 ハンギングバスケット植え替えを実施

令和2年7月30日(木)、令和2年度「第1回ハンギングバスケット植え替え」を実施致しました。当日は快晴のもと、協議会会員の有志を中心に20名の方にご参加頂きました。最初に講師の方より参加者に対してハンギングバスケットの魅力や注意点の説明があり、その後3グループに分かれ皆さん孤軍奮闘しながらも作業に取組み、完成後は各人作品と一緒に笑顔で記念撮影。最後は講師の方から恒例のベスト3の発表。今回の最優秀作品は、花の色彩と全体構成のバランスが絶妙でプロレベルでした。今年もアットホームな雰囲気で盛り上がった植え替えでした。仕上げは全員で三蔵通および祢宜町下笹島町線(仮称 名駅南通)の街路灯に取り付け作業を行い、無事終了しました。名駅南地区の美化に少しでも貢献できるよう、今後も取組んでいきたいと思います。
*今回は、新型コロナウイルス感染予防により、十分に換気されたスペースにて、幹事及びハンギングバスケットサポーターにて作業を実施しました。

 

「第3回名駅南地区まちづくりガイドラインワークショップ」を開催しました。
名駅南地区まちづくり協議会 ロゴマークが決定しました。