目的

名駅南地区を対象として、企業及び住民と今後期待される個別開発が相互に協力かつ共存し、新たな知識や情報の収集、まちの将来像の検討や共有及び積極的な情報発信等を通じて、地区全体の持続可能な発展を目指し、まちづくりを推進することを目的としています。

沿革

名古屋駅前地区やささしまライブ24地区において2027年のリニア中央新幹線の開業を見据えた開発が進行する中、平成22年に「名駅南地区まちづくり研究会」を設立し、約6年間にわたり、当地区のおかれた状況やまちづくりの目指す方向性等について調査・研究を進めてきました。
そして、名古屋駅周辺の開発やまちづくり動向が活発化している状況を踏まえ、名駅南地区においても目指すまちづくりの将来像を示し、主体的にまちづくりを推進すべき段階となったことから、平成28年7月に研究会を発展的に解消し、新たに「名駅南地区まちづくり協議会」を設立しました。

平成22(2010)年9月名駅南地区まちづくり研究会設立(世話役4社、1団体)
平成23(2011)年度まちづくりマスタープラン策定・公表
平成24(2012)年度学識者とのディスカッション「名駅南地区における交通まちづくりの可能性」
平成25(2013)年度視察勉強会、大学生とのワークショップ 「名駅南地区のまちづくりのアイデア」
平成26(2014)年度まちづくりフォーラム開催
平成27~28(2015~2016)年度まちづくりマスタープラン実現に向けた検討、新協議会設立の検討・準備
平成28(2016)年7月名駅南地区まちづくり研究会解散
名駅南地区まちづくり協議会設立(正会員15社、特別会員1団体、賛助会員7社)

活動エリア

組織体制

協議会は、全体会、幹事会、部会及び事務局をもって構成。
幹事会(年6回程度)及び全体会(年3回程度)を開催。

会員

正会員16社 特別会員1団体 賛助会員17社 オブザーバー4団体(H30.12時点)

■特別会員
・安心快適な名駅南まちづくりの会(略称:名南会)

■賛助会員(※五十音順)
有限会社アヴァンティ

株式会社出雲殿

岡崎信用金庫

・オフィス・コア株式会社

鹿島建設株式会社 中部支店

極東開発パーキング株式会社

株式会社人材開発支援機構

株式会社スタイルズ

有限会社タイプ・エービー

・有限会社チェルビック企画

株式会社名古屋銀行

・日本通運株式会社 名古屋支店

・株式会社ネージェル

・株式会社松本糸舗

・株式会社三菱UFJ銀行 柳橋支社

・リバーストンパーキング株式会社

・若狭工業株式会社

■オブザーバー
・名古屋市住宅都市局

・六反学区連絡協議会

独立行政法人都市再生機構 中部支社

国立大学法人名古屋工業大学大学院 伊藤孝紀研究室

■名駅南地区まちづくり協議会運営支援業務委託先
株式会社都市研究所スペーシア

会則等

規約

細則